ミラブルプラスは美容に良いのか髪の毛は変わるのか?くせ毛の私がシャワーヘッドを変えて良かったこと【口コミ体験談】

今まで、シャワーヘッドには浄水機能(塩素除去)がついてればいいって思ってました。

でもそれだけじゃダメなんですね。

美容のために必要なのはファインバブルだったんです。

実際にファインバブルのシャワーヘッドを使ってみたら、お風呂上りが全然違う!髪とぅるとぅる!

私に必要だったのは、高いシャンプーやボディソープとかじゃなくて、ファインバブルだったんだ、って。

顔に描いた油性ペンが消えるCMでおなじみのミラブルプラス、悩んだ末に我が家にもお迎えしたので、実際に使ってみてわかったことや私が感じた効果などをまとめてみました。

どうしてミラブルプラスのシャワーヘッドは美容に良いといわれるの?

この記事でわかること

美容によいシャワーヘッドってどういうこと?

そもそも、なんでミラブルプラスのシャワーヘッドがこれほど人気なのかってとこなんですけど、節水とか塩素除去だけが目的なら、もっと安いシャワーヘッドありますよね。

ミラブルプラスは美容効果の高さで芸能人や美容家の間でも愛用されてるシャワーヘッド。

なぜかというと、ファインバブルを作る機能がついているからです。

どうしてファインバブルのシャワーヘッドで、肌や髪が綺麗になるの?

ファインバブルは毛穴よりもずっとずっと小さい空気の泡のこと。

シャワーヘッドだけじゃなくて、農水産業や医療分野などでも活用されている技術です。

参照:経済産業省 九州経済産業局『ファインバブル活用事例集』より

しかも日本って、ファインバブルの技術が世界トップレベルなんですって。

それがどうして美容面でも注目されてるのかというと、

ファインバブルはマイナスの電位を持つ気泡なので、プラスの電位を持つ汚れや垢などを吸着してくれるんです。

毛穴に皮脂汚れが詰まると、角栓になって黒ずみになって毛穴も広がって、まさに美容の大敵!!

それが頭なら、臭いや白髪・抜け毛の原因にも繋がってしまうわけで…。

シャンプーやボディソープでは毛穴の奥の皮脂汚れまでは落としにくいし、でも肌表面の必要な皮脂は余分に落としてしまいがち。

だけどファインバブルは、気泡の持つ特性を生かして、シワの間や毛穴の中に入り込んで不要な汚れを落としてくれるわけです。

といっても、シャワーを浴びるだけで油性マジックがするりと消えるってことはなかったです。

(強めの水流を12分ほど当て続けると消えるらしいですが)

あくまでも汚れが浮いて消えやすくなる感じ。

逆に洗浄力が高すぎても、必要な皮脂まで流されてしまいそうなので、私は安心しましたけど。

ファインバブルの良さはなにも汚れ落ちだけじゃないんです。

例えば炭酸ガスの発砲入浴剤を使うと、疲れがとれたり、身体がずっとポカポカしますよね。

炭酸入浴剤

ファインバブルも同じように、細かい気泡が毛穴に入り込むことで温浴効果やマッサージ効果、肌がうるおうなどのメリットがあります。

だから、ファインバブルのシャワーヘッドは美容に良い、ってことなんです。

ミラブルプラスはファインバブルの技術が断トツで良いんだって♪

>> 豪華10大特典付きのミラブル正規店はこちら

マイクロバブルとウルトラファインバブルの違い

ファインバブルは泡の大きさによって、マイクロバブル、ウルトラファインバブルと呼び方が変わります。

お風呂に入った時に身体につく泡、あれはミリバブルってこと。

ファインバブルとは直径が100μm(=0.1mm)より小さな泡のこと。
(2017年6月にISO規格にて定められた用語)

1μm以上100μm未満の気泡ならマイクロバブル
1μm未満の気泡ならウルトラファインバブル

と呼びます。

気泡が細かければ細かいほど、毛穴やシワの奥にまで入り込めるので、

つまり、美容によいシャワーヘッドは、どれだけ細かいウルトラファインバブルを多く作れるか、ということが大きなポイントになります。

ちなみに、1μm(マイクロメートル)の大きさは1mmの1/1000つまり0.001mmです

マイクロバブルでも毛穴よりずっと小さいのに、ウルトラファインバブルは更に小さく、0.001mm以下というとウィルスと同じくらいのサイズになります。

つまり、肉眼で見ることができないんですよ。

ファインバブルのシャワーヘッドを湯舟にいれていくと泡でお湯が白濁しますが、

更に細かいウルトラファインバブルは目にみえないのでお湯は白濁しないんです。

となると、ほんとにそんな細かい泡が入ってるのかな、て疑ってしまいたくなりません?

だって、見えないんですよ?

でも調べてみたら、「ウルトラファインミスト ミラブル」に至っては、ファインバブル産業会(FBIA)による1b認証が唯一与えられているので間違いないってことでした。(2020年9月時点)

※【1b認証】は製品製造上の品質管理に加え、気泡の発生が出荷する製品全てに認証されるもの

ミラブルプラスはミストシャワーが使える!

シャワーヘッドを買い換えよう、と思ったのは、それまで使っていたシャワーにミスト機能がついていなかったことも理由の一つでした。

シャワーを直接顔に浴びると、たるみやシミが増えるって聞いたことある

皮膚科医の菅原さんも、著書の中で「強いシャワーを直接顔にかけるのはやめるべき」と断言されてます。

シャワーの強い水圧はしみや乾燥(=シワ・たるみ)の原因になるから、弱い水圧・少し冷たく感じるくらいの温度がベストなのだそう。

それなら手ですくって洗顔した方がいいだろうって思ってたんですが、手洗いだと、おでこの生え際とか小鼻のきわ、毛穴やシワの中にも洗い残しが起きやすいのだそう。

だから美容を意識するならミストシャワーなんです。

その点、ミラブルなら、ミストにもストレートにも水流が切り替えできるので、夫はストレート、私はミストで、と使い分けできるからいいなと思いました。

ミラブルプラスを使ってみた口コミ

初めてCMでミラブルを見た時は、「油性ペンが消えるってどういうこと?」って衝撃でしたね。

今は新しくミラブルプラスとして、塩素除去機能がついて、さらにマイクロファインバブルの量が増えてます。

(通常のミラブルは透明ですが、キティちゃんバージョンを購入してます)

どうしてわざわざ値段が高いキティバージョンを買ったのか?というのはこちらの記事でまとめてます。

ミラブルプラス使ってみた

ミラブルプラスには塩素除去機能が付いていて、白い部分がカートリッジ。(外しても使えます)

ミラブルのシャワーヘッド口コミ

重さは約205gなのでリファより更に軽くて、そしてグリップも細めです。

お世辞にもオシャレとはいいがたいデザインですが、そもそもミラブルって肌の弱い娘さんのために開発を始めたんですって。

なので女性や子供でも使いやすい、軽くて丈夫なポリカーボネートを使用したのだそう。

実際に使ってみてどうだったかというと…。

まずは水流。シャワーは2種類(ストレート・ミスト)ですが、ダイヤル式なので、2種類の間で微調整することができます。

ミラブルのシャワーヘッド水流切り替え

こちらは水を出しっぱなしでもスムーズに回せました。

ミストはこんな感じ。ファシャーーーー!ってこちらもカーテンが舞い上がる勢いです。

水量にもよりますが、ミラブルプラスのミストは顔に当てた時にチクチク刺さる感じがしないんですよ。

柔らかさが違うというか。

(水圧上げると痛いです)

ミラブルプラスは、他のシャワーヘッドと違って、旋回液流式という技術を使ってウルトラファインバブルを生成してるんだそう。

空気を取り込みながら高速うず流でウルトラファインバブルを作っています。

それが直接の理由かは不明ですが、ファインバブルの作り方でミストの肌あたりが違うのかな、と感じました。

ミラブルプラスは空気を取り込んでウルトラファインバブルを生成するので、浴槽(お湯の中)に入れてしまうと、ファインバブルがほとんど作れません。(サイエンス社によると、マイクロバブルを継続的に発生させる保証もできないとのこと)

私はお湯を張ったあとに、水面から少し離してミスト+ストレート水流でファインバブルを追加しています。

使ってる間は特にこれといった違いをはっきり感じることはなかったんですが、ドライヤーで乾かしたあとも髪の手触りがとぅるとぅる!

くせ毛が治る、直毛になるってことはさすがとなかったです。
ただ髪が落ち着く分、広がりが抑えられるのは感じてます。

\ファインバブルで髪がツルツルになるのはなぜ?/

健康な髪は、キューティクル同士をCMCという細胞膜複合体がくっつけていて、毛髪内部の水分やタンパクが流れ出ないように守っています。

(CMCはタンパク質と脂質でできていて、油との結びつきがよくて、水をはじく性質があります)

傷んだ髪はこのCMCが失われてキューティクルが開いた状態になってるんです。

開いたキューティクルに水を加えても弾かれてしまうので、余計に広がったりうねったりしてしまいます。(雨の時に髪が広がる原因)

でもマイナスの電位を持っているファインバブルなら、CMCのようにキューティクルをくっつける役割を補ってくれるんじゃないか?と考えられているようです。

(あくまでも仮説だけど他の理由はでてこなかったです)

キューティクルの間なんて、いくら目を凝らしても見えないほどの隙間ですから、そこに入り込むにはファインバブルが小さいほど優勢になりますよね。

ミラブルプラスで作られるバブルの大きさは、マイクロバブルが直径30μm、ウルトラファインバブルに至っては直径0.13μm(0.00013mm)の細かさ↓

参照:ミラブルplus

ミラブルを開発したサイエンス社はファインバブルを専業にしてますし、ミラブルプラスでは特許も取得してます。

それだけの技術力が集約してるシャワーヘッドは他にないので、見た目は目をつぶるしかないかなぁと。

あとはお値段の高さがネックでずっと迷ってた部分がありました。

ミラブルプラスは一番安く購入できるお店でも、実質4万円ほどになりますから。

でも毎日使うものなので納得できるものが欲しかったし、節水効果もあるから、と夫を説得。

ちなみにミラブルプラスは、約50%の節水率になってます。(ミストだけなら60%)

\節水効果ってどのくらい?/

節水50%シャワーを4人家族で1日1人7分使用した場合、2Lペットボトルで年間27,000本分(約2万円分)の節水になります。
(※東京都水道局公表データでのシュミレーション)

私が購入した正規代理店では5年保証が付けてもらえたので、年間2万円節約できたら、5年で10万円の節約

うちは水道代そんなに高い地域じゃないですけど、ガス代はプロパンでめちゃくちゃ高いのでガス代で節約できちゃうんですよね。

カートリッジ代を入れても、十分元が取れるのは嬉しい!

ミラブルプラスはどこで購入する?

ちなみに、Amazonや楽天にミラブルプラスの正規代理店は存在しません。

というのも、ミラブルはAmazonや楽天などのショッピングサイト、メルカリなどのフリマサイトでの販売を禁止しているからです。

ミラブル公式ページの注意点↓

商品名に「メーカー正規品」などの記載があっても、正規代理店以外の購入だと30日間の返品保証や1年保証などは受けられないということです。

非正規取扱店や個人間取引で購入された場合には、返品・交換・修理を含め、弊社の保証は受けられません

また、ご購入されたことにより発生した不利益、損害等につきましてもその責任を負いかねますので予めご了承下さい。

参照:サイエンス公式HP

※保証書がついていても、オーナーズ登録の際には購入店舗の入力が必須でしたよ

正規代理店以外で購入された方の口コミには、

間に隙間があったのでメーカーに問い合わせたら、正規店で購入していないので修理は有償と言われた

正規品シリアルナンバー付きと書いてあって信じて購入しましたが、JAN No.がありませんでした

といった内容も。

安い買い物じゃないから余計に怖っ!と思って、正規代理店で買いました。

>> 豪華10大特典付きのミラブルプラスはこちら

シェアしたいと思ったら

コメント

コメントする

この記事でわかること
閉じる