眉間のシワは早めに消すべし!サージカルテープを超えた最強タッグ

眉間のシワを薄くする最強タッグ発見!

昼間は仕事でパソコン操作、朝晩はスマホチェック。

そんな生活を繰り返してふと気付いた眉間のシワ。

シワ?!

特に、朝起きた時にシワがしばらく定着してるような。

どうやら横向きに寝るクセがよくないらしくて。(重力に逆らえなくなったということね…)

寝てる間に眉間にシワが寄らないように、100均のサージカルテープを使う方法なんてのもやってみたけど、全然効かず。

最終的にたどり着いたのはヒアルロン酸×医療用テープの組み合わせ技。

サージカルテープを優に超える最強タッグ、発見しちゃいましたよ!

この記事でわかること

眉間のシワ消しアイテムのW使い!『ヒアルロン酸パッチ』×『テープ』

私が辿りついた眉間のシワ消しアイテム、それは『ヒアルロン酸マイクロニードルパッチ』×『シワ伸ばしテープ』!

最強タッグ!

どっちか一つでもダメで、組み合わせて使うのが一番早くシワが薄くなりました。

というのも、眉間にシワができる主な原因は、

  1. 紫外線や乾燥、加齢による肌へのダメージ
  2. 表情圧

の二つ。

年齢とともにお肌の弾力(ハリ)は減ってしまうし、オーロラ姫や白雪姫のように穏やかな表情で眠れない…!

変な夢見ることが多いから、苦しそうな表情になってることが多いらしいです(家族談)

なので、この2つの原因を改善させるアイテムが必要でした。

眉間のシワ取り対策として、サージカルテープを使う方法なんてのも紹介されてますけど、伸ばすだけじゃシワは消えなかったし、キープ力も弱くて私には全然効果なかったです。

しわを伸ばしてクロスに貼るだけ!

(1年使い続けたら薄くなったよ、って口コミもあったけど…)

10代の表情シワならテープでも消せたかもしれないけれど、30代も後半となるとそうもいかないのが悲しい現実。

ちなみに楽天で見つけた『おやすみ眉間シート』っていうのも使ってみたんですが、薄くて柔らかい湿布みたいで、寝てる間に取れちゃってダメでした。(私の寝相の悪さのせいかもだけど)

眉間のシワを消すにはヒアルロン酸?!

美容整形で眉間のシワ取りをする方法といえば、主にボトックスヒアルロン酸注入がありますよね。

ボトックス注射は、筋肉の動きを止めることで眉間にしわが寄ること自体を防ぐ方法(筋肉が伸びるので元々あるシワを改善する効果もある)

ヒアルロン酸注入は、真皮の内側から肌を持ち上げることで、できてしまったシワを消す方法

シワは皮膚が凹んだ状態になってるわけなので、ヒアルロン酸で持ち上げてあげるんですね。

ヒアルロン酸は、元々人間の体内に存在して肌のハリと潤いを保ってくれる成分なんですが、悲しい事に年齢と共に減ってしまうもの。

とはいえ、美容整形でヒアルロン酸注入してもらうには、お値段が高い…!

引用:タカミクリニック

(芸能人すご)

だったらヒアルロン酸入りの化粧水を使えばいいのでは…?!

って思うかもですが、化粧水が浸透するのって肌のごくごく表面だけ。

その上、ヒアルロン酸は分子量が大きいので余計に浸透しづらいから、化粧水や美容液を使ったくらいでは効果が得られないんですよね。

そこで話題になったのが、マイクロニードルパッチ。

(1、2年ほど前だったかな?)TVで紹介されて、一時期入手困難になってたほど。

針状に固めた美容成分を肌に直接刺すことで、化粧水では浸透させられない部分にまで、美容成分を効率的に届けてくれるんです。

ニードルパッチは色んなメーカーから発売されてますが、やっぱり眉間シワには眉間用に開発された『ミケンディープパッチ』が最適でした。

ヒアルロン酸で出来た細かい針が、角質層まで刺さって浸透するんですが、潤い成分だけでなくて、凝り固まった肌をほぐす成分(アルジルリン)も配合されてるんです。

【全成分】ヒアルロン酸Na、アセチルヘキサペプチド-8、ペンタペプチド-18、合成ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-1、エチルヘキシルグリセリン、1,2-ヘキサンジオール、ホスファチジルコリン、BG、水

アセチルヘキサペプチド-8(アルジルリン)は、表情筋の緊張を緩和し、表情ジワを改善する働きがある成分です

朝起きた時に眉間にできたクセを放置しておくと、肌が凝り固まってそのままシワになっちゃいますもんね。

頭皮とか筋肉もそうだけど、ほぐしって大事!

1枚ずつパッケージに入った個包装

肌が乾燥してても効果が出にくいんだけど、油分が残ってるとはがれやすくなるから、基礎化粧品が肌になじんだ状態で使うのがコツ!

針の外側部分にも効果あるんだって

ちょっとチクチク感あるような気はするけど、痛みとかはなくて、朝まで剥がれることなく残っててくれました。

これを付けて一晩寝るだけなんですが、寝てる間のシワも防いでくれるので一石二鳥。

翌朝剥がしてみると、いつもは「ふにゃ」って凹んでる眉間にぷっくり感が♡

さすが、予約販売になるほど注文が殺到してただけある!

↓↓↓

ミケンディープパッチ

ただし!

せっかくミケンディープパッチで潤いを与えても、またパソコン使って、スマホ見て、眉間にシワ寄せて寝てしまったらあっという間に元通り。

ミケンディープパッチは週2ペースでの使用が目安

そこで買い足したアイテムが、『おやすみ中のしわ伸ばしテープ』。

私はAmazonで購入。(27枚入りで800円くらい)

これ、ほんとにイイ!!

敏感肌ではないからアテにならないかもだけど、1晩貼ってても今のところかゆくなったりもしてなくて。

サージカルテープやおやすみ眉間シートと違って、薄いけどハリがある医療テープなので、眉間のシワを伸ばした状態でガッチリ固定してくれます。

(奥からおやすみ眉間、サージカル、しわ伸ばし)

しかも朝まで剥がれてない!!

でもって、朝起きた時に残ってた縦ジワが残らなくなりました!

もし、20代前半とかで寝てる時にシワができてるくらいなら、このテープだけでも薄くできるかも?(かも、だけど)

日中パソコンする時も貼ってたいくらいだけど、さすがと1秒見つめあったらバレるのよ…

そんなわけで、『ミケンディープパッチ』×『おやすみ中のしわ伸ばしテープ』はサージカルテープを余裕で超える最強タッグでした!

でも一生貼り続けるわけにもいかないから、横向きで寝るくせをなんとか治さなきゃ…

ミケンディープパッチはこちら↓

ミケンディープパッチが効果ないケースがある?!

ミケンディープパッチを開発したのは、美容用マイクロニードルパッチの販売数でギネス世界記録に登録された『北の快適工房』。

ミケンの他にもヒアロディープパッチなど4種類のラインナップをそろえているブランドです。

2021年3月現在のラインナップ

実は私、眉間のシワよりも手のシワのほうが悩みが深刻で、北の快適工房のハンドクリームを愛用してるんですが、これが凄く良くて。

ここの会社、『作った製品を本当に満足して使ってもらえるのかどうか』を大事にしていて、モニター調査にかなり時間をかけることで知られてます。

しかも、全社員が合格点を出すまで商品化しないという徹底ぶり。

真剣に商品開発してるだけあって、東証一部上場が認められた企業なんです!

・・・なんですが

マイクロニードルを使ってヒアルロン酸を浸透させることができるのは、角質層まで。

美容整形では真皮にヒアルロン酸注入するので、その効果には歴然と差がでます。

今回、早めに気付いた時点でケアしたことで、ミケンディープパッチが有効だったのかなと思うんですが、すでにくっきりシワが刻まれてるなら、ミケンディープパッチでは改善が難しい可能性があるんです。

さすがとここまで深いのは…

そうなるともはやアレしかありません。

シワといえばご存じ、ポーラのリンクルショット。

これがどうしてシワを改善する医薬部外品として認められてるのか、かいつまんでいうと、シワの原因となる真皮成分を分解する酵素(好中球エラスターゼなど)の働きを抑えてくれるからなんです。

なのでちょっと伸ばしたくらいで消えない眉間のシワ対策なら、『ポーラ リンクルショット メディカル セラム N』×『おやすみ中のしわ伸ばしテープ』のタッグが最強となるかもしれません。

眉間だけじゃなくて、ほうれい線などもケアしたい方もこっち!

レチノールも気になってるんですが、まだどれがいいか思案中

1本10,000円越えのリンクルショットですが、1部位使用で約4ヶ月、2部位使用で約2ヶ月ほど持つので、意外とコスパ悪くない感じ。(高いは高いけど)

ポーラの公式ページから購入すると、サンプルもらえちゃいます。

↓↓↓

ポーラオンラインショップ

シワは形状記憶される!早めに消すべし!

手のケア(日焼け・保湿)を怠って猛反省中の私が言うのもなんですが、シワはほんと早めに対処するに限りますっ

起きた時、スマホいじったあと、眉間にシワが寄ってないかチェックしてみてくださいね!

ハンドケアのレビューはこちら↓

シェアしたいと思ったら

コメント

コメントする

この記事でわかること
閉じる