子供が安全に使える脱毛器のおすすめは?ケノンやブラウンは何歳から使える?

子供も使える家庭用脱毛器

これまでケノンやブラウン、脱毛ラボホームエディションなど色んな脱毛器使ってきましたが、子供に使わせるには危ないな、と思うものも正直あります。

脱毛器の中にはパワーが強すぎて火傷や炎症を起こしてしまったケースや、年齢制限を設けている脱毛器もあるからです。

それなのに、子供への使用が推奨されてない脱毛器を『親子で使ってます』っていう口コミを見かけることもあってちょっと心配。

家庭用脱毛器は何歳から使えるものなのか、効果はあるのか?

実際に使ってみて、子供でも安全に使えるおすすめの脱毛器を選んでみました。

この記事でわかること

子供の脱毛は医療脱毛や脱毛サロンより脱毛器がおすすめな理由

ムダ毛の処理方法はなにも家庭用脱毛器に限りませんし、医療脱毛や脱毛サロンもあります。

それでも脱毛器のほうがおすすめなのには次のような理由があるからです。

子供が医療脱毛や脱毛サロンに通うのは?

どうせならクリニックの医療脱毛したほうがいいんじゃないかなって思うかもですが、永久脱毛も100%生えてこなくなるわけではなく、

最終脱毛から1ヵ月後の毛の再生率が、20%以下である脱毛法であること

とされています。

しかも、医療脱毛は毛根を破壊することが目的なので、相当の痛みはありますし、多くのクリニックではホルモンバランスが安定してくる16歳以上の施術を推奨しています。

結論から申し上げると、正しい知識を持っている人が施術するのであれば、技術的には何歳からでも脱毛は可能です。
しかし、実際は子どもの成長に合わせ、おおよそ15〜16歳あたりから脱毛を始めるのであれば、問題は起こりにくいと言われています。

トイトイトイクリニック

なぜかというと、

ホルモンバランスが安定しない小中学生のうち(子供から大人の体になる第二次性徴期は大体10歳くらいから15歳の間)は、脱毛してもすぐに新しい毛が生えてくる

からです。

痛みが少なく3歳から通えるキッズ脱毛の場合でも同じ。

そうなると追加費用がかさんでしまうし、毎回保護者が同伴しなくてはいけないのも大変なんですよね。

医療(サロン)脱毛のデメリット

  • 未成年の場合は親権者同意書(あるいはカウンセリングの際の同伴)が必要
  • 永久脱毛(医療脱毛)は強い痛みを伴う
  • ホルモンバランスが安定するまでは脱毛しても再び毛が生える可能性が高い

子供が脱毛器を使うのは?

家庭用脱毛器は、特殊な光やレーザーを照射して毛を弱らせて、細く生えにくくしていくものです。

永久脱毛(医療行為)ではありません。

でも根気強く使っていくうちに、今では気付けば細い毛がひょろっと生えてくるぐらいになっています。

家庭用脱毛器で脱毛した足
見づらくてごめんなさい

ホルモンバランスが安定するまでは脱毛しても再び毛が生えてくる可能性が高いのですが、脱毛器の場合は買い切りになるので、追加料金なしで何回も脱毛できるメリットがあります。

脱毛器によって使用回数は違いますが、今の脱毛器は約30万回~60万回ほど使えるものが多く、1台で全身脱毛60回以上できることになります。

オーパスビューティ03の口コミ体験談

医療脱毛の場合はすんなり脱毛できても30~40万相当の料金がかかりますが、脱毛器なら高くても数万円。

家族で使えばさらにコスパも良いので、親子で脱毛器を使う方も増えてますね。

だけど脱毛器ならなんでもいいってわけじゃないんです。

まして、子供の肌は大人よりもデリケート。

クリニックで行うレーザー脱毛とは違って、家庭用脱毛器は医療機器ではないので、安全に使えることを前提とした弱いパワーになっていますが、それでも火傷や炎症などのリスクは0じゃありません。

パナソニックの光脱毛器は高校生以上の使用を推奨していますし、レーザー脱毛器のトリアに至っては18歳未満の使用を禁止しているほど。

きれいになりたいから脱毛するのに、やけどや炎症を起こしてしまっては意味がないですよね。

じゃあ人気のケノンやブラウンの脱毛器はどうなのか?

調べてみました。

ケノンは何歳の子供から使える?

有名な脱毛器といえば、ケノン。

公式ページ価格は69,800円(税込)

ケノン

子供に使わせてる、という口コミも多いのですが、実はケノンの使用推奨年齢は成人以上です。

照射パワーは非公開。(体感的に最大レベルのパワーはかなり強め)

公式サイトでも子供への使用は推奨していない、と記載がありますし↓

私が購入したケノンの取扱説明書にも、子供の使用は禁止と書かれています↓

ケノンの場合、照射パワーが10段階あって、使用するカートリッジによってもパワーが変わるので、使用方法を把握できない子供の使用はNGということなのかもしれません。

また、ケノンは炎症リスクを避けるため、照射する前後に付属の保冷剤で肌を冷やすことがお約束となってます。

ケノンをおすすめするサイトは多いですが、実際に使ってみると大人の私でもやや面倒に思える使いにくさがありました。

ただ1点、ケノンにはカートリッジを付け替えて使えるメリットがあります。

カートリッジとは、肌に当てるこの先端部分↓

ケノンは他の脱毛器と違って、このカートリッジ部分を取り替えることで、本体が壊れるまで使い続けることができるんです。

思春期の頃なら、親と一緒の脱毛器を使うのが嫌とか、恥ずかしいって思う気持ちもあるかもしれませんし、私もVラインに使ったのを家族に使われるのは恥ずかしい。

そんな場合はケノンもありかもしれませんが、成人を対象とした脱毛器なので、

  • あくまでも自己責任となること
  • 使い方をちゃんと守れる年齢以上であること

が前提かな、とは思います。

\カートリッジ特典付き/

ケノン公式ページはこちら

ブラウンの脱毛器シルクエキスパートは何歳から使える?

楽天でも人気の脱毛器、ブラウンのシルクエキスパート(Pro5)。

型番によって付属品や価格が異なりますが、一番人気のPL-5137は公式ショップ価格82,280円(税込)

家庭用脱毛器では最高クラスの照射パワーで、さらに肌の色をセンサーで読み取って照射パワーを自動調節してくれる機能がついているため、脱毛初心者でも使いやすい脱毛器です。

(肌が黒いと照射できないこともあります)

ただし使用推奨年齢は18歳以上のため、子供の使用は自己責任となります。

使い方も簡単で連射も早いのですが、ややお値段が高いのがネック。

楽天の公式ショップでは頻繁にスーパーDEAL対象になっているため、ポイントバックを狙える楽天ヘビーユーザーの方におすすめです。

\楽天ユーザーは高ポイントバック/

ブラウンシルクエキスパート(PL-5137)

脱毛ラボの脱毛器は何歳から使える?

脱毛ラボホームエディションは見た目も可愛くてコンパクト、それに藤田ニコルちゃんがイメージキャラクターを務めていることもあって、中高生にも人気の脱毛器。

公式ページ価格は71,478円(税込)です。
※キャッシュレス決済で5,000円引き+14,000円分相当のプレゼント付き

脱毛ラボでは、パワーが強すぎても肌に負担がかかるだけ、という研究結果を元に、脱毛できて肌に優しいパワーに調整しているので「痛くない」脱毛というのが特徴。

照射パワーは最大10ジュールとやや弱めなので、ヒゲなどの剛毛には時間がかかりますね。

ですが脱毛ラボホームエディションには年齢制限がありません
(ただし乳幼児の使用はNG)

なので親御さんがついててあげれば小学生でも使用可能となります。

さらに、冷却クーリング機能がついているので、いちいち保冷剤で冷やす手間も要りませんし、操作も簡単、連続照射もスムーズです。

私も脱毛ラボホームエディションはすごく使いやすかったなと思ってます。

お値段はやや高めですが、これ1台で全身脱毛約300回分と親子でも十分使えますし、キャシュレス決済(クレジットカード、楽天ペイ、Amazonペイ)で5,000円割引+14,278円相当のケア用品がついてきますよ。

\14,278円分プレゼント+5,000円割引特典/

脱毛ラボホームエディション公式はこちら

子供が安全に使えるおすすめの脱毛器はコレ!

これまで私自身、色んな脱毛器を使ってきましたが、一番良かったのはTHR方式というサロンでも最新の脱毛技術を使った脱毛器。

脱毛方式の比較

痛みもほとんどなくて、色が薄い毛(産毛や白髪)も脱毛できるものです。

ケノンや脱毛ラボの脱毛器は、毛の黒い色素に熱を集めるIPL脱毛なので、色の薄い毛だと効果がでにくくて時間がかかるんですよね。

THRは熱を浸透させる蓄熱式ベースの脱毛方法なので、肌への負担が少ないのにしっかり脱毛できることが一番のメリットになります。

オーパスビューティ03は何歳から使える?

THR脱毛器は国内の業務用脱毛機器メーカーが開発した脱毛器で、今のところ2機種しかありません。

その一つがオーパスビューティ03。

足や腕なら痛みもほとんどなく使えてますが、パワーは脱毛ラボホームエディションより高い14.2ジュールとサロン級。

なので大人の毛もしっかり脱毛してくれます。

しかもこのオーパスには、脱毛ラボホームエディションと同じく冷却機能もついてるんです。

オーパスビューティの冷却パネル

ただし、使用推奨年齢は10歳以上になりますね。

価格も良心的で、公式ストアなら41,800円(税込)で購入できますが、その分人気すぎて予約販売になっています。

オーパスビューティー 03

毎回完売しているのでお早めに。

BiiTo2(ビート2)は何歳から使える?

予約待ちは嫌だ、という方は同じTHR方式を使った脱毛器、Biito2もあります。

こちらも使用年齢は10歳以上ですが、パワー調節だけじゃなくて、ジュニアモードに切り替えることができるので、より安全に使うことができます。(大人はフィメイルモード・メイルモードに切り替えできます)

その分オーパスビューティに比べてお値段が高くなり59,840円(税込)

オーパスより軽くて連射も早いから使いやすさではビート2のほうがおすすめなんですけどね。

先着数量限定で美容特典付き

BiiTo2 (ビート2)

THR脱毛が他の脱毛器とどう違うの?って話はこちらで詳しく書いてます。

子供が脱毛器を使う時に注意すること

せっかくの脱毛器も使い方を間違えば効果もでにくいし、肌に負担がかかる原因になるので、基本的な脱毛器の注意点まとめておきます。

先にムダ毛を処理する(剃る)

脱毛器を使う前には、伸びたムダ毛を剃る必要があります。

毛が1~2mm皮膚から見える状態のほうが脱毛効果があがるので、毛抜きで抜く・除毛クリームで溶かすというのはNG!

また、カミソリも角質を傷つけてしまいやすいので、できれば電気シェーバーの使用がおすすめです。


いきなりパワーを上げない

脱毛器によって、照射するパワーがレベル1~5、あるいは10くらいまで変更できますが、いきなり強めのパワーを使用するのはNG。

肌の色によって適正な照射パワーはそれぞれ違うので、大人が肌の様子を見てあげながら段階的にパワー調節してあげてください。

脱毛器の光を直接見ない

思いがけないことに子供が興味を持つことってありますよね。

どうして脱毛できるんだろう?と照射面をのぞき込む、誰かの顔に向ける、目の近くで照射するのは絶対NG。

ほとんどの脱毛器にはサングラスが付属しているので、恥ずかしがっても必ずサングラスをさせてくださいね。

日焼けしない

脱毛後の肌は、見た目は普段と変わらなくても、毛穴が熱を帯びた状態になっているので、日焼けすることで炎症を引き起こしやすくなります。

また、日焼けして肌が黒くなってしまうと、脱毛器の光が濃い色素に反応して痛みや火傷の原因になってしまうことも。

活動的な子供に日焼けするなというのも難しいですが、日焼け止めを使うなど、しっかり対策しましょう。

ホクロやシミに照射しない

光脱毛器は、毛の黒い色素に反応する光を使っているものがほとんど。

そのため、肌より色素が濃いホクロやしみなどに照射してしまうと、炎症や痛みの原因になります。

シミやホクロは避けて照射するか、白いテープ(タックシール・ポイントシール)などで保護してあげもいいと思います。

同じ場所に照射しない

脱毛器は一度照射したからといって、すぐに毛が抜けるわけではありません。

毛の状態によっては、効果がでるまで時間もかかります。

毛が抜けないからといって、同じ場所に何度も繰り返し照射するのは火傷や炎症を引き起こしやすくなります。

また、毎日脱毛器を使っても肌ダメージが増えるだけで、無駄にショット回数も減ってしまいます。

大体2週間に1度のペースでの照射が推奨されていますが、脱毛器によっては毛が多いうちは1週間に1回のペースで使ってもOKというものが多いですよ。

子供でも脱毛器は使える!おすすめや注意点まとめ

家庭用脱毛器の多くは子供への使用が非推奨ですが、それには脱毛器を適当に使ってしまうと火傷などのリスクがあるからです。

子供への使用がOKなものでも、まずは保護者が使い方や注意事項をしっかり把握してから。

ホルモンバランスが安定しないうちは、脱毛しても毛が生えてくることがありますが、高校生以上になれば大人と同じような効果を感じやすくなると思いますよ。

おすすめの脱毛器はサロン級のパワーがありながら、痛みが少ないTHR脱毛器。

\公式ショップ限定35%引き/

OpusBeauty03

こちらで詳しくレビューしてます↓

シェアしたいと思ったら

コメント

コメントする

この記事でわかること
閉じる