1万円以下の安い家庭用脱毛器でも効果あるのか危険はないのか?実際に使ってわかったこと

ムダ毛はなんとかしたいけど脱毛通うのはお金がかかりすぎる…。

安い脱毛器って効果ないの?

脱毛器に効果があるかというと、私は家庭用脱毛器でも十分脱毛できてます。(両脇だけは永久脱毛済)

でもなんだかんだ満足できるまで、色々な脱毛器を使いました。

けど意外なことに、高い脱毛器が一番良かったわけでもなかったんですよ。

じゃあ1万円以下の脱毛器でも効果はあるのか?危険はないのか?

Qoo10で人気の格安脱毛器、『sarlisi』を実際購入してみてどうだったのか、レビューしていきますね。

この記事でわかること

そもそも脱毛器って効果あるの?

私は20代の頃に両脇だけ永久脱毛済ませて、残りは家庭用脱毛器を使ってきました。

なぜかというと、両脇だけで数十万円も使ってしまったから。

10年ほど前(←ちょっと濁す)は勧誘が凄かったんですよ。

通う度に化粧品を買わされたり、フェイシャルやったり・・・。

今はそんなことなくなりましたけど、脱毛に通える環境ではなくなってしまって、脱毛器を使い始めました。

で、効果があったかというと、十分満足できてます。

今の太ももは自己処理全くしてなくてこんな感じ↓

黄色い丸をつけてるとこ以外もよく見たら生えてるんですが、毛が細くなったことで、かなり近づいてみないとわからないくらい。

つるっつるではないですけど、これだけ目立たなくなったら自己処理も全然いらなくなります。

もっと使い続けたらこれらの毛も生えてこなくなるかもですけど。

膝下あたりはたまに数本生えてきたりするので、美顔器感覚で照射することもあります。

家庭用脱毛器の良い点は、自分のペースでパパッと脱毛できてしまうこと。

これが脱毛サロンに通ってたら2~3ヶ月に1回のペースになってしまうから、脱毛完了までが長い長い。

例えば、同じ12回分を脱毛するとしたら、

サロンで12回脱毛→2ヶ月おき×12回=1年

脱毛器で12回脱毛→1週間おき×12回=3ヶ月

サロンも脱毛器も光脱毛なので12回では終わらないですけど、脱毛器ならその倍の24回脱毛しても半年です。

女性の毛量なら半年もすればだいぶきれいになってくるんじゃないかと思います。

(私の場合は途中で脱毛器を買い換えたりしたので、トータル1年ほどかかってます)

脱毛器はケノンに始まり、ブラウンや脱毛ラボホームエディションなど、合計8種類使いました。

脱毛器といえばケノン、っていうくらい王道ではあるけれど、お値段は7万円近くします。

医療脱毛やサロン脱毛に通えば平均でも30万円ほどかかるので、10万円以下なら十分安いって頭ではわかるんです。

だけど、ケノンとかロングセラーで、カートリッジ(脱毛器の先端部分)を交換すればずっと使えるのがウリですけど、大家族で使いまわしするわけでもない私には、はっきりいって必要なかった。

パワーも強いと思うけど(非公開だから実際のところはわかりませんが)、保冷剤で冷やしながら脱毛するのは手間がかかるから面倒くさくて、だんだんと使わなくなってしまいました。

高い脱毛器なら完璧、ってわけでもなかったです

1万円以下の安い脱毛器は効果なし?

安い脱毛器で済ませたい、という気持ちもなくはなかったけれど、安全性や効果についてはいまいち不安があって手を出してこなかったんですが、どうしても気になって買ってしまいました。

この脱毛器は見たことある人も多いんじゃないでしょうか↓

1万円以下の格安脱毛器sarlisi使ってみた
sarlisi脱毛器公式(Qoo10店)

韓国の大手通販サイト、Qoo10(キューテン)でも人気の格安脱毛器。

定価は12,000円くらい、割引で9,999円、メガ割の時は7,000円台くらいになるから、そりゃ買ってしまいますよね。

お察しかもですが、1万以下の脱毛器はほとんどが中〇製。

それでも商品ページでは、ピンクゴールドで高級感のある脱毛器に見えちゃったから、届いて箱を開けた時にはあまりのチープさに「えっ!?」と思わず声が出てしまったくらい。

sarlisi脱毛器の口コミ

これだけ安く売るには仕方ないのでしょうけど、本体は軽くてプラスチックのおもちゃみたいだし、

それに安い脱毛器って照射面のつくりが全然違うんですよ↓

ブラウン脱毛器とsarlisi

照射面が肌に近いし、フチもプラスチック。

これでは同じ出力でも、脱毛効果は違ってきそうです。

実際に、パワーも最大20㎠と記載されてましたが、全然痛くない。

レーザー脱毛器のトリア(最大22㎠)は保冷剤使ってもめちゃくちゃ痛いですけど???

なのでよくよく調べてみると、楽天の公式ページでは最大5㎠に訂正されていました。

Qoo10ってどうも審査が緩いらしいです

商品ページの説明に変な日本語が混ざってるのは仕方ないとしても、取扱説明書に書いてる内容と違っていたり。

光脱毛器で永久脱毛って↓

(もちろん永久脱毛じゃないですからね)

商品ページはヒゲもツルツル!って男性の画像まで載せてたのに、取説ではきっぱりと「ヒゲには効果がありません」って書いてあるし↓

ヒゲ脱毛は確かに難しい部位だけど、効果がないのはさすがと…。

そんなんで私のVIOができるかい!ってツッコミましたよね。

それでも使い続けたら全然効果ないってこともないんでしょうけど、すぐ使えなくなってしまいました。

たまたま運が悪かったといえばそれまでですが。

(交換や返金の保証の1年保証はあるので、悪質な企業ではないのですが)

Qoo10の口コミでは良い意見も多かったんですけどね。

でも「1回で効果ありました!」なんて口コミ、嘘っぽくないですか?

1万円そこそこの安い脱毛器をサクラチェッカーにかけると、こんな結果になりました↓

まぁ100%サクラではないはずだし危険っていうのは大げさかもですが。

身体の表面に見えてる毛って全体の20~30%くらいなので、ほとんど生えてこなくなるまでは普通の毛量でも半年~1年ぐらいはかかります。

それを買ってすぐの口コミで「効果あった」と言われても、ねぇ。。。

私も脱毛器でかなりきれいにはなったけど、医療脱毛やエステ脱毛に比べたら照射した回数はめちゃくちゃ多いですよ。

最初の頃は週1ペースで使うので、すぐ壊れるようでは話にならない。

それに10分も使うと熱くなってしまうので、休ませながら使う必要もありました。

元々毛が薄いとか、脱毛に通ってた人とかがサブとして使うのはアリかもですが、広い範囲をしっかり脱毛したかったらちょっと厳しいかな、というのが正直な感想です。

いくらの脱毛器ならいいの?

1万円の脱毛器で役不足なら、じゃあいくら出せば良い脱毛器が買えるのか?

3万円くらいだと、イギリスの脱毛器メーカー(cyden社)が開発したスムーズスキンベアがありました。

でもこれだとパワーが弱いんですね。

商品ページにも『肌が弱い方や既に脱毛に通って毛量が減っている方向き』とあるので、しっかり脱毛するにはパワー不足。

じゃあパワーが強い脱毛器ということで、家庭用では唯一レーザー脱毛のトリアも買ってみたんですが、これは逆に痛すぎて挫折してしまいました。

Vラインだけ、ワキだけ、ヒゲだけ、といった部分的な剛毛の脱毛ならトリアが一番早いと思いますけどね。

>> トリア・レーザー脱毛器4X

(その後トリアは値上げしてしまって、48,000円(税込)になってます)

痛くなくてパワーもある脱毛器を探して、やっと「コレだ!」って思えたのがオーパスビューティーという脱毛器でした。

定価は税込63,800円なんですけど、割引価格の41,800円で買えました。

35%割引はここだけ↓

>> OpusBeauty03(公式)

それでもお小遣いで買うにはちょっと高いかもしれません。

だけどこの脱毛器、業務用の脱毛マシンと同じTHRという最新の脱毛技術が使われているんです。

産毛とか白髪も脱毛できちゃうやつです。

ケノンやブラウンなどは黒に反応するIPL方式の脱毛器なので、色が薄い毛を脱毛するのが難しいんですよ。

(もちろんQoo10のsalrisiもIPL脱毛なので、産毛や白髪には効果がありません)

産毛がないと毛穴も目立ちにくくなるので、顔脱毛とかほんとおすすめなんですけど。

THR方式だと痛みも少ないし冷却機能までついてるから、アンダーヘア(VIO)の脱毛も余裕でした。

(他の脱毛器でやったら普通に痛すぎた)

作ってるのも国内の美容脱毛機器メーカーで、安心の日本製ですしね。

だけど、ケノンのようにカートリッジ交換式にしないことでコストカットしているとのこと。

それでも35万発あるので、全身脱毛してもおよそ77回分相当使えるから、1人では到底使い切らないですよ。

他の脱毛器と何が違うのか?詳しくはこちらでレポしてます↓↓

まとめ

これまで脱毛器は8種類使ってきましたが、やはり1~3万円あたりのランクだと、正直満足できるものはなかったです。

かといって、7~8万の脱毛器でもオーバースペックだったり広告などのコストがかかりすぎてるんじゃないの?っていうものもありました。

安物買いの銭失いとはいいますが、製造元が信用できる脱毛器なのか?というのも一つの目安かと思いますし、機能やパワーは4万円台の脱毛器でも十分すぎました。

1万円と4万円の差は大きいですけど、ちゃんと使える脱毛器を買ったほうが結局はお金を無駄にしないと私は身をもって痛感しましたけどね。

35%OFFは公式だけ↓

>> OpusBeauty03(公式)

シェアしたいと思ったら

コメント

コメントする

この記事でわかること
閉じる